萩焼 松光山栄光 面取カップ&ソーサー 他

 

 

 

萩焼 松光山栄光 粉引紫面取カップ&ソーサー 

 

 

 

 

萩焼 松光山栄光 青釉面取カップ&ソーサー

 

 

 

 

萩焼 松光山栄光 白釉面取カップ&ソーサー

 

 

 

 

萩焼 松光山栄光 青釉面取カップ&ソーサー 

 

 

 

 

萩焼 松光山栄光 御本手カップ&ソーサー

 

 

 

 

萩焼 松光山栄光 粉引紫カップ&ソーサー

 

 

萩焼 松光山栄光さんからは新しい器も入荷しています。

縦に模様が入っているものは面取りという技法が施されています。

面取りとは成形した器の表面をナイフなどの道具で削り、面を取る=角を取る作業の事を言います。

土自体を削り落とす事で器自体も軽くなり更にシャープでモダンな印象になります。

このような一つ一つの手作業が機械では決して出せない手作りの温かい味わいを生み出します。

オンラインショップにもUPしましたので是非ご覧下さい

桝野窯 小鉢・中鉢

 

 

 

 

桝野窯 小鉢

 

 

 

 

 

桝野窯 中鉢

 

 

今日は島根県の桝野窯さんの新しい器をご紹介します。

 

桝野窯独特の深い青に色の異なる細めの玉縁が特徴的な鉢です。

 

今回は小鉢と中鉢をご用意させて頂きました。

 

今の時期でしたら小鉢はお鍋の取り鉢に・中鉢は少し浅めな形状なのでおでんなどによさそうです。

 

色は一つ一つ異なります。

 

手作りならではの味わいととらえて頂けると幸いです。

 

 

オンラインショップにもUPしましたので是非ご覧下さい。

 

嶋田窯 酒器揃

 

 

 

嶋田窯 酒器揃

 

 

 

 

嶋田窯 酒器揃

 

 

 

 

嶋田窯 酒器揃

 

島根県江津市に窯を構える嶋田窯。

昭和10年、初代 嶋田寛一により開窯。

元々は水がめなどの大型陶器を中心に制作していました。

その後、二代目 嶋田春男氏が昭和46年より民芸陶器の制作を開始。

 

現在では三代目 嶋田孝之さん・四代目 嶋田健太郎さんが作品を制作されています。

 

こちらの酒器は他ではなかなか見ないシャープで個性的なデザインが目を引きます。

 

ちなみに陶器の焼き方にはいくつか種類があります。

 

代表的なのが、登り窯・ガス窯・電気窯です。

 

ガス窯や電気窯はその名の通りガスや電気を使い器を焼き上げます。

 

これらは比較的安定した綺麗な器を仕上げる事が出来ます。

 

一方の登り窯は木の薪を燃料にして焼き上げます。

 

気温や湿度などの環境に左右される為、経験を積んだ作り手の方でも失敗が多く安定して綺麗な器を仕上げるのはとても難しいとされています。

 

しかし色々な偶然が重なる事により想像していなかったような思いがけない味わい深い作品が生まれる事もあるそうです。

 

ちなみに嶋田窯の器は登り窯で焼かれています。

 

数ある石見焼の窯元の中でも登り窯を使われているのは嶋田窯さんだけだそうです。

 

一点一点異なる登り窯ならではの味わい深い器を通して作り手の思いが伝わればと思います。