因久山焼 珈琲碗皿 他 入荷しました。





約1年ぶりの入荷となります因久山焼の器をご紹介します。

今回は珈琲碗皿とマグカップ中心の入荷となります。

取り急ぎですがご報告までに何点か撮影させて頂きました。

こちらに掲載されているもの以外にも色々と入荷がございます。

店頭には全て並べておりますのでご興味のある方は是非。




因久山焼の器をお買い上げの際は窯元特製のこちらの化粧箱にお入れしてお渡しさせて頂きます。

JUGEMテーマ:和食器通販

因久山焼 7.5寸皿 海老 他





因久山焼 7.5寸皿 海老



因久山焼 盃 蟹



因久山焼 銘々皿





因久山焼 珈琲碗皿





因久山焼 珈琲碗皿

江戸時代 明和年間に鳥取藩から招かれた京都の陶工 六兵衛が後に京焼の手本となる御室焼の技術を伝えたのが、因久山焼の始まりとされています。

以後、鳥取池田藩の御用窯として愛用され発展を遂げる事になります。

寛政年間には信楽から陶工を呼び技術を取り入れました。

京焼と信楽焼の技法が混じり合う事で素朴さの中にも御用窯ならではの格調の高さを感じさせる作品が作られるようになりました。

最盛期には四つほど窯が存在したそうですが、現在では芦沢家の窯のみとなり、九代目 芦澤良憲氏・十代目 芦澤保憲氏が320年余続く伝統と技術を守りながら日々作陶されています。

JUGEMテーマ:和食器通販

因久山焼 そば猪口 他



因久山焼 そば猪口



因久山焼 マグカップ





因久山焼 マグカップ



因久山焼 湯呑

江戸時代 明和年間に鳥取藩から招かれた京都の陶工 六兵衛が後に京焼の手本となる御室焼の技術を伝えたのが、因久山焼の始まりとされています。

以後、鳥取池田藩の御用窯として愛用され発展を遂げる事になります。

寛政年間には信楽から陶工を呼び技術を取り入れました。

京焼と信楽焼の技法が混じり合う事で素朴さの中にも御用窯ならではの格調の高さを感じさせる作品が作られるようになりました。

最盛期には四つほど窯が存在したそうですが、現在では芦沢家の窯のみとなり、九代目 芦澤良憲氏・十代目 芦澤保憲氏が320年余続く伝統と技術を守りながら日々作陶されています。          

JUGEMテーマ:和食器通販