八幡焼 小鉢 



安来市広瀬町に窯元を構える八幡焼。
1723年の創業から290年続く伝統を守りながら日々作陶されています。
八幡焼の象徴ともいえる淡い上品さを感じさせる青釉薬の緑。
自然溢れる環境で生み出される美しい器からは長年積み上げられてきた確かな手仕事を垣間見る事が出来ます。

八幡焼 小鉢 1個 ¥1620


JUGEMテーマ:山陰の窯元、陶芸家

八幡焼 青釉カップ・マグカップ





先日、島根県安来市に工房を構える八幡焼窯元にお邪魔してきました。
天候に恵まれたのと時期的に新緑が美しくとても気持ち良かったです。
作業場も見学させて頂きました。
入口には島根らしく「だんだん」と描かれたプレートがかかっていました。
奥に進むと窓の外に美しい大きなフキが目に飛び込んできました。
お聞きしたところ秋田のものらしくお知り合いの方に分けて頂いた物が大きくなったそうです。
自然の美しい光景に心癒されました。






八幡焼 青釉カップ



八幡焼 青釉マグカップ

今回も色々と時間をかけてゆっくりと器選びさせて頂きました。
この他にも色々入荷しております。
是非店頭にて手にとって頂けると幸いです。

JUGEMテーマ:山陰の窯元、陶芸家


八幡焼 辰砂の器



八幡焼 辰砂片口 1個 ¥1,575



八幡焼 辰砂碗皿 1客 ¥2,625

八幡焼さんの器の中でも人気のある辰砂の器。

ちなみに辰砂とは、銅を発光剤として窯の中に酸素ができるだけ入らないようにする還元焼成により全体が赤になる釉薬です。

綺麗な色合いを出すのがとても難しいと言われていましたが、この絶妙な色合いを画像でお伝えするのもかなり難しいです・・・

この他にも茶碗や湯呑なども入荷しております。
実際、目で見て触れて頂きたい器です。