波佐見焼 敏彩窯 十草の器

 

 

 

今日は波佐見焼 敏彩窯の十草の器をご紹介します。

 

十草とは縦縞模様の事を言います。

 

ちなみに図案の元になっているのは植物のトクサです。

 

こちらは一本一本手描きで描かれているので線の太さが異なります。

 

モダンなデザインですがこういう所に手仕事ならでは温かみを感じます。

 

ところどころに配された赤が効いてます。

 

茶碗・湯呑・土瓶・マグをご用意しました。

 

おひとついかがでしょうか。