波佐見焼 幸庵窯 粉引の器

 

今日は波佐見焼 幸庵窯の粉引の器をご紹介します。

 

粉引を簡単に説明すると、器の素地に白い泥をかけ、さらにその上から透明釉をかけます。

 

こうする事で白よりも少しグレーに近い独特の色合いになります。

 

真ん中がくびれていて持ちやすいですし、容量も280ccと程よい大きさなのでお使い頂きやすいと思います。

 

おひとついかがでしょうか。