濱文様 冬の手ぬぐい

 

濱文様 冬の手ぬぐいが入荷しました。

 

今回はお正月モチーフのものを中心に選んでみました。
 

広げると一枚の絵のようになる絵手ぬぐいも入荷しています。

 

絵手ぬぐいは、専用の棒を使うとタペストリーのように飾る事も出来ます。

 

またこの時期だったら、一年の感謝の気持ちを込めてお酒を手ぬぐいでラッピングしてプレゼントしてみるのもいいかもしれませんね。

 

アイデア次第で色々使える手ぬぐい。

 

おひとついかがでしょうか。

 

濱文様 手ぬぐい 1枚 ¥864・絵手ぬぐい 1枚 ¥1080

雑煮椀

 

一見すると赤と黒のシンプルな椀なのですが、蓋を開けるとこの通り。

 

金に縁起の良い松竹梅が映える煌びやかなデザインになっています。

 

重箱と合わせてお使い頂くとよりお正月らしさを感じて頂けると思います。

 

ちなみにこちらはペアセットでの販売となります。

 

現品限りですのでご興味のある方は是非。

屠蘇器

 

冬らしい寒さになりましたね。

 

さて今日は屠蘇器をご紹介します。

 

屠蘇はお正月に邪気をはらい一年無病息災に暮らせるように願って飲む祝い酒を言います。

 

このような三つ重ねの盃の場合、まず最年長者が最年少者に注ぎます。
(お酒なので未成年の方は飲む真似で良いです)

 

そして最年少者が二番目に若い人に注ぐというように、飲み終えた人が次の人に注いでいく要領で飲み進めていきます。

 

正式には小・中・大の順番でそれぞれ1杯ずつ飲みますが、略式では1つの盃に3回に分けて注ぎ3回に分けて飲みます。

 

縁起良く改まった気持ちで一年のスタートが切れると思います。


おひとついかがでしょうか。